腰の痛み

下記の項目に3つ以上当てはまる人は注意が必要です。1度来院するのをオススメします。

腰痛症の原因はさまざまです。

腰痛のうち原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがありますが、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。
腰痛の症状は、文字通り“腰の痛み”です。しかし腰痛の原因はさまざまであり、原因に応じて腰の痛み方も少しずつ異なります。腰痛で医師に相談するときには、どのように腰が痛いか、また腰以外にどこが痛いかを伝えるようにしましょう。

腰痛になりやすい人、腰痛が慢性化しやすい人の特徴

  • 歩くのが嫌い
  • 長時間座りっぱなしの仕事
  • 柔らかい布団で寝ている
  • 肥満体型の人・お腹が出ている人
  • いつも同じ肩にバッグをかける
  • きつい下着をつけている
  • 重い荷物を持つことが多い
  • 椅子に座る時に脚を組む癖がある
  • 湯船に浸かると腰が楽になる
  • 前傾姿勢でいる事が多い

3つ以上当てはまる人は注意が必要です。1度来院するのをオススメします。